2009年03月22日

Moodymann / Freeki Mutha F cker

posted by shooter at 08:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

参議院議員候補マミ

posted by shooter at 22:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

BOMB THE M.I.C.



たまたま見つけたの。

私からすると異常なほどシーンというものを意識しているようなラッパーが多い中、ラップが市民権を得て以降の、全くシーンとの繋がりの見えないラッパーの台頭というのは逆に興味深いんだけど、この子達も恐ろしいほど J-POP くさいですね。彼らにとってヒップ・ホップってどういうものなのか聞いてみたいわぁ。
まぁ音自体はポップで嫌いじゃないです。
posted by shooter at 23:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

RA

Resident Advisor からのネタ。

Jesse Somfay - catch in the voice

Jasse Somfay がアルバム出すなんて全然知らんかった。どうやら彼が撮った写真などが付いた限定盤というのが50枚あるらしいんだけど、当然のようにもう予約締め切りみたい。でも2枚組みの大作ということで期待大。


The Field - Yesterday & Today

ちょっと前に KOMPAKT のサイトにジャケットがアップされてましたが、ここではトラックリストが公開されてますね。全6曲いり。全曲10分前後か?


Bruno Pronsato - thesongsays

なんでも新しいレーベルを始めるとかで、そこから38分のトラックを出すんだと。ミニマルの人は本当に長尺好きだね。


Wolfgang Voigt live

GAS 名義でライヴでがす。つまらなくてすいません。
とにかく Mutek でライヴだと。カナダ行きてぇ〜。
posted by shooter at 22:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

SKY'S THE LIMIT 2009



CO-KEY、Full Of Harmony、NITRO MICROPHONE UNDERGROUND、TARO SOUL、サイプレス上野とロベルト吉野、餓鬼レンジャー、ラッパ我リヤ

これで5000円か。ちょっと行ってもいいかも。


posted by shooter at 23:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

globe - GET WILD



こんなの上がってたんですね。知りませんでした。
でもこれはお蔵入りのままでいいかなぁ〜。
posted by shooter at 17:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SHALL WE BEEF



結局 Verbal が自身のポッドキャストに SEEDA を呼んで対談、という退屈な着地点に持っていったことから、尻すぼみ的に終わるかと思えた「TERIYAKI BEEF」ですけど、 OKI がまた蒸し返したみたい。

っていうかちゃんとはぶられてすねてる、というところを出しているのが、彼のユーモアが感じられて良いですね。

今回の騒動で、 SEEDA にしても TERIYAKI にしても、果たして得することがあったのかという気はするけど、とりあえず OKI は評価上げたんじゃないですかね。

あと Verbal のポッドキャスト聴いて思ったんだけど、日本にディスが必要か、っていう話の前に、ヒップ・ホップ、ひいては音楽そのものにディスが必要なのか、という部分はすっ飛ばしてるんだね。
それても前回のサイプレス上野との対談で、そこはちゃんと語られているのかしら。


posted by shooter at 15:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

Dangerous Original






やっぱりこの人たち、ちょっと方向性間違ってる気がするのは私だけかしら。
posted by shooter at 12:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

松たか子 - 夢のしずく



松たか子の歌が好きだ。
正直彼女の音楽というのは、端正すぎて中庸そのものになっているし、またお行儀が良過ぎるようにも思われるだろう。

しかし私は彼女の歌から発せられる、昭和の匂いが好きだ。
いや、もしかしたら大正の匂いなのかもしれない。

とにかく、歌謡曲っぽいというのとは違う意味で、
古き良き日本を思い起こさせる彼女の歌声は、
強烈なインパクトはないとしても、
しっかりとした個性として音楽に作用していて、
それゆえに、この歌に込められた慕情が一層味わい深いものになっているように思う。

また歌出さないかしら。
posted by shooter at 22:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

KAT-TUN / RESCUE

KAT-TUN - RESCUEKAT-TUN - RESCUE

なんで KAT-TUN って毎度こうジャケットがダサいのかね。
まぁ曲が良いからいいんだけど・・・・。
posted by shooter at 00:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

STAR CLUB



昔のパンクみたいに、不況を背景にした、ロックからのカウンターとかって、ここ日本ではやはり起こりえないのだろうか。

以前に比べるとアンダーグラウンドの人たちの、ポップに対する抵抗感って薄れてきている印象はあるけど、依然として面白い人は地下にもぐったままという印象もまた強く、そういえばここ何年かで日本のロックに起こった動きって、一体何があるのだろう・・・・。続きを読む
posted by shooter at 21:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

GOKU - TIME

GOKU - TIME

昨年の日本のヒップ・ホップは、多くの人が「いい作品が多かった」と異口同音に語る、非常に充実した年でした。
そして、一昨年に関しても同じようなことがいわれていたのだから、それだけ現在の日本のヒップ・ホップは面白いということなんだと思います。

しかし、それは私も作品単位で見た場合はその通りだと思うものの、シーン全体で見た場合、面白みに欠ける退屈なものだというのが正直なところです。

そんな事をここ1、2年、思ったりしているのだけれど、そんな時必ずといっていいほど思い浮かぶのがこのアルバムです。

これは托鉢はクロス、ハリケーンといったパーティーを主催していた GOKU が2002年に出したファースト・アルバム。

コレを出す以前からドラムンベースのパーティーでMCなどもしていた GOKU は、非常にクロスオーヴァー志向の強い人で、このアルバムにも彼のそんな面が強く出た、自由な空気の感じられる素晴らしい作品で、そして、その自由な空気というのが、今の日本のヒップ・ホップに一番足りないもののように思えてならない。

それは何故かというと、今の日本のヒップ・ホップは、あまりにもヒップ・ホップ過ぎるというか、ヒップ・ホップからはみ出す要素があまりにも少ないように思えるし、「日本語ラップ」という呼称で、MCの方に評価が集中しすぎているのも、退屈さに拍車をかけているんじゃなかろうか。

しかし、

その考え方も、もしかしたら違うのかなと最近思い始めている。
というのも、上の考えは、簡単にいえばヒップ・ホップに対してヒップ・ホップ以外のものを求めているわけで、それが果たしてヒップ・ホップに必要なものなのか、と思ったからです。


その答えは未だに出ていないし、そもそも答えを出すのは私ではなく、シーンでありアーティストなんだろうけど、そんなことは関係ないとばかりに、 GOKU は現在 cargo というユニットで、乙女ハウスをやっている。
posted by shooter at 23:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

dOP



今日は UNIT で dOP ですね。行きたかったんだけど、体調最悪なんでパス。なんか最近こんなんばっかだ。
posted by shooter at 22:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

遊助 - ひまわり



今日はネタが全く無い!ということで、さっきテレビで見たこの曲でお茶を濁すとしよう。

羞恥心でブレイクした上地雄輔のソロ曲。

この方向性が誰の意思によるものなのかはよく分からないけれど、何気に韻を踏んでいたり、バックがレゲエ調のトラックだったりするところに、良くも悪くもクラブ・ミュージックがある程度浸透したのだなということを感じる。まぁ上っ面だけだけど。

個人的には羞恥心のほうが良いと感じる。
posted by shooter at 22:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

The Field - Yesterday & Today

The Field - Yesterday & Today

ちょっとネタとしては今更なんですが、 The Field ことAxel Willner が3枚目のアルバムとなる新作『Yesterday & Today』を5月25日にリリースするそうですね。

KOMPAKT.fm // BLOG // THERE'S A NEW ALBUM FROM THE FIELD COMING KIDS!

Battles のドラマーである John Stanier が参加しているとかで、前作より有機的な作品になっているそうですが、どんなかんじなんでしょうか。

そういえば Field は Pitchfork の企画で !!! と共演していましたが、あれがもしかしたらヒントになるのかもしれませんね。

とりあえず楽しみだ。

!!! & The Field | Pitchfork.tv

posted by shooter at 22:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

Believe / 曇りのち、快晴

ARASHI - Believe曇りのち、快晴Believe

予約してなかったので買えないかと思ってたんだけど、何とか買えました。
来週は KAT-TUN か。財布ピンチだな。
posted by shooter at 11:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

Scatman John - Popstar



日本でも何年かおきに海外のアーティストの曲がヒットすることがありますが(マイアヒとか)、私はその手のものに手を出した事はほとんどありません。しかしそんな私でも Scatman のアルバムは持っているばかりか、未だにたまに聴く。

Scatman といいって私がいつも思い出すのは、彼の口芸を真似するコンテストかなんかで、ゲスト審査員として招かれた彼が、最後に優勝者を決める段になって「みんな素晴らしすぎて誰か一人なんて選べないよ」みたいなことを言った事でして。

通常この手の話だと、単なるリップサービスにしか思えないんだけど、彼の場合はそれが本心なんだと思えるだけの温かな人柄がにじみ出ていて、非常に好感を持ったものでした。

そんな彼のアルバム『Scatman's World』に収録された、レゲエっぽいトラックの上で歌われる、美しいメロディのこの曲を聴きながら、裏ジャケの素敵な笑顔を見るたびに、彼の温かさにほっこりすると共に、その早すぎる死を残念に思うのです。

改めてご冥福をお祈り申し上げます。
posted by shooter at 23:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

KAT-TUN - ONE DROP

ONE DROP 【初回限定盤】ONE DROP 【初回プレス仕様】

いや〜あ、これは最高傑作きたんじゃないでしょうか。『RESCUE』も楽しみすぎる。
ラベル:KAT-TUN
posted by shooter at 21:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

POM POM - pompomcd001




おそらくテクノのアーティストで、口に出して呼びたい名前ランキングを決めたら、必ず上位に入るであろう(なんだそりゃ) POM POM なんですけれども、これはいいねぇ〜。

posted by shooter at 01:11| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mr. Children - SUPERMARKET FANTASY




何だかんだで彼らの音楽に抗えない部分と、既聴感ばかりに感じる部分と半々ですかね。聴きこめば変わるかな。

posted by shooter at 01:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。